カセットテープの音楽をmp3に変換する

高校時代に買ったミュージックテープ。
昔よく聴いていた曲をmp3に変換しiPhoneで持ち歩こうと思っても道具が無い。
ググってみるとアマゾンなんかで変換用のプレーヤーが売ってるけど、レビューは賛否が分かれ、まあ値段なりって感じで、いまいち買う気が起こらない。
プレーヤーをパソコンに繋いでフリーソフトで変換する方法が有ったので試してみたけど、録音開始や停止など手間ひまかかる割に、いかにもアナログな音でスッキリしない。
なんかうまくいかないな、ってことであきらめてました。


で、数日前。
息子から、
「曲をダウンロードすると違法らしいんだけどパソコンで再生してそれをケーブルから録音するのは違法にならないって」
「だからクリスマスプレゼントでボイスレコーダー買ってくれないかなあ。ボイレコでできるらしいから」
って言われたもんで、
「ボイスレコーダー持ってるからそれ使っていいよ」
と貸してあげたら早速録音を始めてました。


あれ、ちょっと待てよ。
これでミュージックテープも変換できるんじゃない?


ということでやってみたら、あ〜ら簡単。
ボイスレコーダーのマニュアルを読むとシンクロ録音というのがあって、それにセットしておくとテープの再生が始まると自動で変換録音を始めてくれて、2秒以上曲間が空くとファイルを分割してくれます。なのでテープの再生ボタンを押したら後は何もしなくても変換が終了。
オスのUSB端子付きボイスレコーダーなので、それをそのままパソコンに挿してmp3データをiTunesに取り込んで作業終了。
早速、青春の思い出の曲をiPhoneに入れて、久しぶりに楽しんでいます。
音質はいいとは言えませんが、これは方法や機器が悪いのではなく古びたテープのせいでしょう。


それにしても、最近、子供に教えられることが増えてきました。


ちなみに使用したボイスレコーダーはSONYのICD-UX523です。
ICD-UX523 | ICレコーダー | ソニー
http://www.sony.jp/products/picture/large/ICD-UX523_S.jpg


written by iHatenaSync