読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100万円を元手に3年間で29億円の馬券が買えるか? 買えるかも。

すごいですね。
表示できません - Yahoo!ニュース

男性は07〜09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。

3年間で29億円もの馬券を買うなんてどんな金持ち?
と思いきや、普通のサラリーマンのようです。

男性は会社員としての年収が約800万円。04年頃、競馬専用の口座を開設して約100万円を入金し、競馬予想ソフトを使って、過去の戦績などから勝つ確率の高い馬を選ぶ方法を独自に開発した。馬券の購入にはインターネットを利用し、仕事のない土日に全国の中央競馬のほぼ全レースで馬券を買い、配当収支の黒字が続いていた。
表示できません - Yahoo!ニュース

さて、元手100万円で29億円もの馬券が買えるのでしょうか?

中央競馬の競馬場は全国に10ヶ所あり、年始を除き、毎週土曜日・日曜日に最大3ヶ所の競馬場でレースが行われています。1日のレース数は基本的に12レースで、メインレースは最終レースのひとつ前に行われます。
BIGLOBE 競馬:―競馬初心者入門―

年間52週×土日2日間=104日のレースが行われているとして、
30億円÷3年間÷104日≒10百万円。
1回平均10百万円の馬券を買えば3年で30億円の購入額になります。

元手100万円から始めて平均5%の勝率で複利計算すると、だいたい半年で14百万円くらいになります。
この額を維持しつつ3年間買い続けられれば30億円の馬券購入は可能です。

競馬はやらないので実際に3%や5%といった勝率が高いのか低いのかわかりませんが、かなりの勝率だったでしょうから、こういった感じで積み上げていったんでしょうね。
あながち不可能な感じではないです。

単純な複利掲載として、2.6%の利回りで勝ち額も含め全額次のレースにつぎ込むのを続ければ3年間で30億円になりますね。

1,000,000*1.26^312=3,005,914,075≒30億円

それにしても豪快な額です。